弁護士コラム

131 ハーグ条約

   ハーグ条約とは、正式名称を「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約」といいますが、子が締結国に不法に連れ去られた場合に子の迅速な返還を実現するために作成された条約です。日本におきましては、平成26年4月1日にハーグ条約が発効され、ハーグ条約を実施するために同日に「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実地に関する法律」が施行されました。
 ハーグ条約の内容としましては、国境を越えて子の連れ去りがあった場合に、ハーグ条約の締結国の行政機関が、返還すべき事由がある場合に子を元の居住地に返還するというものです。ただし、子の返還を認めるべきではない返還拒否事由にあたる場合は、例外的に子の返還が認められない場合があります。
   当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。 

2018.02.20

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ