弁護士コラム

2020.08.03

お盆休み休業のお知らせ

熊本市中央区の「高石法律事務所」です。

当事務所のお盆休業期間は下記となっております。

何卒ご了承頂けましたら幸いです。

■お盆休業期間

8月14日(金)~8月17日(月)

※8月18日(火)より通常営業致します。

 

投稿者: 高石法律事務所

2020.06.03

🔶特別寄与料の概要

1 特別寄与料の内容
 「特別寄与料」とは、相続人ではない被相続人の親族が、相続人に対し、貢献に応じた額の金銭の支払いを請求することができるというものです。
特別寄与料の規定は、令和元年7月1日から施行されておりますので、令和元年7月1日以降に発生した相続において適用されます。
2 特別寄与料の制度趣旨
 被相続人に対して介護したりして貢献した者について、相続財産から特別の分配を受ける制度として「寄与分」の制度があります。しかし、この「寄与分」の制度は、あくまで相続人でなければ恩恵を受けませんので、例えば長男の妻が長男の両親を介護した場合において、長男の両親が亡くなったとしても、長男の妻が「寄与分」の制度を利用することはできませんでした。
そのため、相続人ではない親族であっても、被相続人の財産形成のために特別の寄与をした者については、特別の保護を与えるべきであるとの要請から、特別寄与料の制度が創設されました。
3 小括
 特別寄与料の詳細については、改めてご説明します。
 熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

投稿者: 高石法律事務所

2020.06.02

🔶配偶者居住権の概要

1 配偶者居住権の内容
 「配偶者居住権」とは、配偶者に居住建物の居住権限のみ認めたうえで、処分権限のない権利を創設し、配偶者が居住建物の所有権を取得するよりも安く居住する権利を確保するための制度を指します。(この配偶者居住権は、配偶者短期居住権とは別の制度になります。)
 配偶者居住権は、令和2年4月1日以降発生の相続において適用されますので、令和2年4月1日以前に発生した相続においては適用されません。
2 配偶者居住権の制度趣旨
 高齢化社会の進展により残された配偶者も高齢であることが想定されますが、配偶者にとって居住環境を変更することが難しいため、居住建物において引き続き生活することが一般的です。一方で、配偶者は、自身の生活保護のために被相続人が残した預貯金などのお金も相続することが必要です。しかし、配偶者が居住建物の所有権を相続してしまうと、居住建物の所有権の価値が相対的に高いことから、お金を相続することが出来なくなる事態が生じます。
そのため、配偶者に居住建物に居住する権利を与えつつ、生活資金としてのお金も併せて相続できるようにするための制度が求められましたので、配偶者相続権が創設されました。
3 小括
 配偶者居住権の詳細については、改めてご説明します。

投稿者: 高石法律事務所

2020.06.02

🔶配偶者短期居住権の概要

1 配偶者居住権とは
 「配偶者短期居住権」とは、被相続人と同居していた配偶者は、被相続人が居住建物を第三者に遺贈した場合であっても、最低6か月間は居住建物に無償で居住することができる権利を取得するという制度を指します。
この配偶者居住権に関する規定は、令和2年4月1日から施行されておりますので、令和2年4月1日以前に発生した相続においては適用されないことになっております。
2 配偶者居住権の制度趣旨
 配偶者居住権が存在しない場合には、被相続人が居住建物を第三者に遺贈してしまった場合には、配偶者がその第三者に居住建物から追い出されてしまう事態が生じます。
しかし、被相続人が死亡したとしても、配偶者としてはそれまで居住してきた建物に引き続き居住することを希望することが一般的であり、高齢化社会の進展により残された配偶者も高齢であることが想定されることから追い出されることは配偶者に取って酷であると言えます。そこで、配偶者の居住環境を保護するために、被相続人が居住建物を第三者に遺贈したとしても、配偶者が最低6か月間居住建物に生活することができるとしたものです。
3 小括
 配偶者居住権の詳細な内容については、改めてご説明します。

投稿者: 高石法律事務所

2020.04.28

メールフォームにて無料相談受付を実施

熊本市中央区の弁護士「高石法律事務所」です。

当事務所では、新型コロナウイルス対策として「メールフォームにて無料相談受付を実施」しております。

新型コロナウイルスの影響で相談をしたいが外出できないといった方に少しでもお力添えが出来ればと思い実施いたします。

詳しくは下記内容をご確認ください。

→「メールフォームにて無料相談受付を実施」について

 

 

投稿者: 高石法律事務所

2020.04.08

期間限定の初回無料電話相談を実施

熊本市中央区の弁護士「高石法律事務所」です。

当事務所にて期間限定にて電話相談を実施しております。

新型コロナウイルスの影響で相談をしたいが外出できないといった方に少しでもお力添えが出来ればと思い実施いたします。

詳しくは初回無料の電話相談ページをご確認ください。

→「初回無料の電話相談について

 

 

投稿者: 高石法律事務所

2020.04.01

GW休業のお知らせ

熊本市中央区の弁護士「高石法律事務所」です。
当事務所のGW休業期間は下記となっております。
何卒ご了承頂けましたら幸いです。

■GW休業期間

4月29日(水)
5月2日(土)~5月6日(水)

※4月30日(木)・5月1日(金)は営業しております。

 

投稿者: 高石法律事務所

2019.12.02

年末年始休業のお知らせ

熊本市中央区の「高石法律事務所」です。

当事務所の年末年始休業期間は下記となっております。

何卒ご了承頂けましたら幸いです。

 

■年末年始休業期間

12月29日(日)~1月5日(日)

※1月6日(月)より通常営業致します。

 

 

投稿者: 高石法律事務所

2019.12.02

12月20日(金)~28(土)は新規相談の受付をストップさせて頂きます。

熊本市中央区の「高石法律事務所」です。

 

12月20日(金)~28(土)」の期間に関しまして、

弁護士の出張の為、新規相談の受付をストップしております。

皆様にはご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承頂けましたら幸いです。

 

新規相談の受付は年明け「1月6日(月)」よりスタート致します。

 

投稿者: 高石法律事務所

2019.07.30

お盆休み休業期間のお知らせ

熊本市中央区の「高石法律事務所」です。

当事務所のお盆休業期間は下記となっております。

何卒ご了承頂けましたら幸いです。

 

■お盆休業期間

8月10日(土)~8月18日(日)

※8月19日(月)より通常営業致します。

 

投稿者: 高石法律事務所

1 2 3 4 5 6 7

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ