弁護士インタビュー

髙石雅之弁護士インタビュー

Q

弁護士を目指したきっかけは?

A

医師である父の背中を見ていて、漠然と「自分も人の役に立ちたい」と思っていました。昔から正義感は強いほうで、中学生の頃から、社会で必要とされる仕事がしたいと考えていましたが、「より身近で、早くて、頼りがいのある司法」を掲げた司法制度改革をきっかけに司法の道を目指しました。

Q

これまでどのようなご相談や案件に携わってきましたか?

A

髙石雅之弁護士那珂川オフィスの所長として、性別年齢にかかわらず、離婚、相続などの家事事件、交通事故、労務問題などあらゆる法的トラブルの解決に携わってきました。

私の目標は「世の中にある紛争をより多く解決する」ことです。法的なサポートを行うことで慰謝料などを獲得することも大切ですが、お困りごとを解決して「次の一歩」へ目を向けていただくために、依頼者様に気持ちの面でも納得いただける解決を目指しています。

Q

日々、弁護士業務の中で気を付けていることはありますか?

A

もっとも大切にしているのは、依頼者様との信頼関係の構築です。自分の先入観や価値観はひとまず置いておいて、お話を親身に伺い、相手の「想い」を理解し、受け止めることを心掛けています。

人間は一人ひとり価値観が違います。相手を100%理解するのは難しいことですが、できるだけ100%に近づくように、最初は無理でも徐々に近づいていき、その時点での一番の理解者になった上で問題解決にあたるよう努めています。

Q

確かに先生はとても人間味にあふれていて話しやすいですね。

A

髙石雅之弁護士弁護士は法的な紛争の場面で出会う人物です。相談される方は不安と緊張でいっぱいだと思いますので、誠意のあるやわらかな応対を心掛けています。

本来なら、弁護士と付き合うようになることなど人生には起きないほうがいいのです。でも、一度ご縁があったからには、その後も「何かあったとき」に気軽に相談できる相手として、「町のかかりつけ医」のように、地域の皆さんの心の安定に少しでも役立てたらと思います。

Q

弁護士としてのやりがいはどのようなときに感じられますか?

A

来られたときは暗い顔をされていた相談者様が、お話をするうちに明るい表情になり、「来てよかった」と言っていただいたときですね。

また、依頼者様から「依頼してよかった」という言葉をいただき、お知り合いの方をご紹介いただいたときも、確かな信頼関係を感じることができ、次の事件解決へ向けて頑張ろうと思えます。

Q

最後にホームページをご覧になっている方々に一言お願いします。

A

髙石雅之弁護士日常生活においては、さまざまな法的トラブルが起こり、それに伴う不安や怒りの感情は、誰かに聞いてもらうことで救いになると思います。

私は法の専門家という立場ではありますが、心理カウンセラーのような心持ちで、相談者様・依頼者様の気持ちに寄り添っていきたいと考えております。

特に2016年4月に起きた熊本の震災に関して、私は福岡にいてもとても怖かったのを今でも忘れられません。熊本の皆さんはどんなに不安な毎日を送られたことでしょう。地震で被災された方に、自分ができることはないかとあの日から真剣に考える毎日です。現在もお困りごとを抱えていらっしゃる方が多くいらっしゃると思います。どうぞお悩みをお聞かせください。

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ