弁護士コラム

2017.02.15

◆ 遺産の全貌が明らかではなかったので、遺産の調査から遺産分割まで対応して解決したケース

【ご依頼内容】50代、男性

父が亡くなり、私と妹の2名が相続人になりました。しかし、父の遺産がはっきりしないので、遺産の調査から遺産分割まで対応してもらいたいと考えています。

【解決内容】

死は突然やってくるものですので、被相続人が亡くなった後に遺産の全貌がはっきりしないということはありうることです。そのため、まずは、預貯金がどこにいくらあるのか、不動産がどこにあるのか、負債はないかなど遺産の調査をする必要があります。

依頼者様のお父様の遺産を調査したところ、負債が約100万円程度ありましたが、それを上回る預貯金が残っていました。そのため、相続人お二人で預貯金から負債を返済したうえで、残った預貯金を二人で分けることになりました。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ