弁護士コラム

2017.02.15

◆ 養育費を滞納していた元配偶者から、一括で滞納額の支払いを受けた事例

【ご相談内容】50代、女性

今から約10年前に離婚し、当時5歳の子の養育費の支払いについて公正証書で取り決めたのですが、この数年間養育費の支払いを受けていません。元夫とは接触したくないのですが、速やかに養育費の滞納分を支払ってもらうことはできないでしょうか。

【解決内容】

依頼者様は、養育費の支払いを公正証書で取り決めていましたので、すぐさま相手方の給与を差し押さえました。その後、相手方から給与の差押えを取り下げる条件で、一括での養育費の支払いを受けることができましたので、無事解決することができました。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ