弁護士コラム

2017.02.15

◆ 別居中に配偶者に子を奪われたため、子の引渡しを求めたケース

【ご依頼内容】30代、女性

夫からモラハラを受けていたため、幼い子2人を連れて家を出て実家に戻ってきました。夫から執拗に子との面会を求められたため、定期的に面会させていたところ、先日の面会で下の子を返さないと言って下の子を連れ去ってしまいました。上の子も下の子のことが心配でいつも泣いています。早く下の子を取り戻したいです。

【解決内容】

相手方は面会の約束を破って下のお子さんを連れ去っており、連れ去りの態様は悪質です。また、兄弟姉妹が離れ離れになってしまっていますので、お子さんたちにとってもよくない状況になっています。そのため、速やかに子の引渡しの審判を家庭裁判所に申し立て、相手方に対して子を引き渡す旨の審判を出してもらいました。ところが、相手方は裁判所が出した審判にも従わなかったため、強制執行をかけて、執行官と共に相手方の家まで行って子の引渡しを受けることができました。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ