弁護士コラム

2017.02.15

◆ 不貞の慰謝料として500万円の支払いを勝ち取ったケース

【ご依頼内容】30代、女性

幼い子が2人いるにもかかわらず、夫は家庭を顧みず、外で複数の女性と交際しているようです。今後、夫と家庭生活を営むことができませんので、慰謝料を支払ってもらう条件で離婚したいと考えています。

【解決内容】

相手方は幼い子がいるにもかかわらず複数の女性と長期間にわたって交際しているとのことでしたので、不貞行為の悪質性が高い事案と判断しました。そのため、相手方には、不貞の慰謝料として500万円の支払いを求めたところ、分割払いで500万円を支払うことに同意してもらいました。また、慰謝料の支払いが分割払いでしたので、公正証書を作成して、後日の支払いの履行を確保することとしました。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ