弁護士コラム

2017.02.15

◆ 面会交流の方法について争ったケース

【ご依頼内容】40代,女性

夫からモラハラを受けていたため,子を連れて家を飛び出してきました。しかし,夫は,子に対して執着心があるのか,執拗に面会交流を求めてきます。私は子のためになるのであれば面会交流を認めてあげたいのですが,子の受け渡し時に夫と接触するのが怖くて面会交流がなかなかスムーズにできません。スムーズに面会交流ができるようにしてもらいたいと考えています。

【解決内容】

相手方は,面会交流を求めるために,面会交流の調停及び審判を申し立ててきました。依頼者様としては,同居中に相手方からモラハラを受けていたため子の受渡し時に相手方と接触することが怖いと感じていましたので,第三者機関を利用して当事者が直接接触することなく受け渡しをすることを求めていきました。

相手方は第三者機関を利用することを頑なに拒絶しましたが,裁判所から第三者機関を利用する旨の審判を出してもらい,依頼者様の希望する面会交流の条件となりました。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ