弁護士コラム

2017.01.23

95 遺産確認の訴え

相続人間でどの財産が遺産であるかということが争いになっている場合は、遺産分割の前提問題が明らかではない状況になりますので、遺産分割手続きを進めることができなくなります。

例えば、被相続人名義の不動産が存在する場合に、この不動産が被相続人名義であるのは相続人の一人が名義貸しをしているにすぎず、実質的には相続人の所有物であるとして争っている場合などがこれに当たります。

このような場合は、遺産確認の訴えによる裁判によって遺産の範囲を確定させたうえ、遺産分割手続きを進めていくことになります。なお、遺産確認の訴えを提起するにあたっては、相続人全員を被告とする必要があります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ