弁護士コラム

2017.01.23

92 株式

遺産として株式がある場合は、株式の評価方法が問題になりますが、上場株式か非上場株式かで評価の方法が異なります。

上場株式については、東京証券取引所のホームページ情報などによって、遺産分割時の金額を算定することが可能です。このように、上場株式については、客観的な基準がありますので、評価額で争いになることはあまりありません。

非上場株式については、原則として当事者間での合意が求められますが、合意が困難な場合は公認会計士等の専門家によって鑑定が必要になります。ただし、専門家による鑑定を実施する場合は、鑑定費用がかかることになるため、できる限り合意によって非上場株式の評価額を決めるべきといえます。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ