弁護士コラム

2017.01.23

73 遺言能力

遺言能力とは、遺言の内容を理解し、遺言の結果を理解するに足りる能力を指します。遺言能力がない者の作成した遺言は、法律上当然に無効とされることになります。

民法上は満15歳以上であれば遺言能力があるとされていますが、認知症などで被成年後見人である者は原則として遺言能力がないと判断されます。

遺言能力がない者が作成した遺言書は無効になるため、高齢者が作成した遺言書については、遺言能力の有無が争いになるケースが多く見受けられます。そのため、遺言書を作成するにあたっては、遺言能力に問題がない早目の時期に作成することをお勧めします。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ