弁護士コラム

2017.01.23

69 自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言は、以下のように、効力が発生するための厳格な形式が要求されています。

第1に、遺言書全体を自分で記載しなければなりません。

そのため、ワープロによるものやコピーしたものは、遺言書全体を自書したものとはみなされず無効となりますので、注意が必要です。

第2に、日付及び氏名を記載しなければなりません。

日付については、遺言書が複数発見されたときに日付が遅い方が有効になります。

第3に、押印が必要です。

印鑑は、実印のみならず認印でも可能ですし、指印でもよいとされています。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ