弁護士コラム

2017.01.19

44 限定承認

限定承認とは、相続した財産の範囲で被相続人の負債を返済し、余りがあれば相続できるという制度を指します。

限定承認は、熟慮期間内に遺産の全体像がはっきりせず、プラスの財産がマイナスの財産を上回っているかはっきりしない場合やプラスの財産があれば相続したいと考えている場合に利用されます。

このように、限定承認は、遺産が不明確な場合に合理的な選択といえますが、熟慮期間内に財産目録を作成しなければならないことや共同相続人全員で限定承認の申立てをしなければならないことなど手続な煩雑なため、あまり利用されていないのが実情です。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ