弁護士コラム

2017.01.19

38 祭祀財産

仏壇や墓石などの祭祀財産については、祖先の祭祀の主宰者に帰属することになります。そのため、祭祀承継者の問題については、遺産分割とは別の問題になります。祭祀主宰者については、被相続人が指定することもできますが、慣習や家庭裁判所の審判によって決定されます。

ただし、相続人間で争いがない場合は、遺産分割の中で祭祀承継者を決定することも事実上可能です。

なお、祭祀財産ではありませんが、遺体や遺骨の所有権の帰属が問題になる場合があります。判例上は、遺体や遺骨の所有権についても、祭祀承継者に帰属するものとされています。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ