弁護士コラム

2017.01.19

65 休車損

休車損とは、交通事故のために自動車が動かなくなった場合に、当該自動車が動くはずだった期間に稼働していれば得られたであろう営業上の利益の損失を指します。したがって、休車損は、被害車両がタクシーやトラックなど替えのきかない緑ナンバーの営業車である場合などに認められる損害です。

休車損の算定に当たっては、1日当たりの運賃収入から免れた経費を差し引いたものを算定し、これに相当な期間(修理期間又は買い替えに要する期間と納車に要する期間を基に算定します。)を乗じたものとされています。1日当たりの運賃収入等については、通常、事故前3か月間の売り上げと経費から算定するため、休車損を請求するためには、当該車両の事故前の売り上げに関する資料が必要になります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ