弁護士コラム

2017.01.19

60 被害者側の過失

過失相殺をするにあたっては、被害者のみならず被害者と特別な関係にある者の過失も含まれると考えられています。これは「被害者側の過失」と呼ばれるものです。

被害者側の過失に当たるかについては、判例上「被害者と身分上ないしは生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者の過失」であるか否かという観点から判断されています。そのため、被害者側の過失とされるためには、原則として被害者の配偶者や親族など、極めて近しい関係にある者の過失に限定されています。他方で、保育園の保母と園児、同僚同士、同居していない恋人同士である場合には、上記身分上・生活上一体の関係にあるとは認められず、判例上も過失相殺は認められていません。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ