弁護士コラム

2017.01.19

56 過失相殺

過失相殺とは、交通事故に被害者が一定の関与をしている場合に、公平性の観点から、過失のある被害者の損害賠償金を減額する制度です。

例えば、事故より被害者が被った損害の合計が100万円である事例において、事故における過失の割合が、被害者が3割、加害者が7割であるときには、加害者側から支払われる損害賠償の金額は、上記100万円から被害者側の過失である3割を控除(相殺)した金額である70万円となります。また、この場合、被害者側であっても、加害者側に生じた損害の3割分については賠償する必要があります。

過失相殺を判断するにあたっては、道路の状況や交通事故の態様に応じて一定の基準が設けられています。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ