弁護士コラム

2017.01.19

52 評価損

評価損(格落ち)とは、交通事故によって損傷した車両を修理したとしても、外観や性能などに欠陥が生じてしまった場合や、事故歴がついて交換価値が低下してしまった場合の車両の価値の低下のことを指します。

このうち、外観や性能などの欠陥が生じたことによる損害については、認められる傾向にあります。また、事故歴がついたことによる交換価値の低下については、国産車よりも外車の方が認められやすいという傾向にあります。

評価損を請求する方法としては、ディーラーや修理工場において事故前と事故後それぞれの査定額を出してもらい差額を評価損として請求する方法もありますが、実務上は、修理費用の1割~3割程度の金額を評価損として請求する方法が一般的です。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ