弁護士コラム

2017.01.19

35 むち打ち症の問題点

むち打ち症の治療期間は、2か月から3か月程度とされることが多く見受けられます。しかし、むち打ち症といっても、症状は様々であり、事故の衝撃や症状の重篤性によってはそれ以上の治療期間が必要な場合もあります。したがって、むち打ち症の場合に保険会社から2か月経ったので治療を打ち切ると言われた場合であっても、治療の必要性を訴えて治療期間を延ばすように交渉することが必要になります。

また、むち打ち症の慰謝料は、他の症状の場合と比較して低額になる場合が多く見受けられます。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ