弁護士コラム

2017.01.19

33 症状固定と後遺障害(総論)

交通事故によるケガの治療を継続していくと、ケガが完全になおる場合(治癒)もありますが、治療によっても症状が改善しない場合もあります。症状固定とは、治療してもこれ以上の改善が認められない状態のことを言います。そして、症状固定と判断された後については、病院で治療を行ったとしても意味がないと判断されますので、治療費の支払いが受けられなくなります。症状固定時期は、症状によって様々ですが、一般的には事故後6か月程度経過後とされています。

また、後遺障害とは、治療してもこれ以上の改善が望めず、障害が残る状態を指します。したがって、後遺障害の認定は、医師から症状固定の診断を受けた後に受けることになります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ