弁護士コラム

2017.01.19

32 主婦の休業損害について

専業主婦の方で具体的な収入が無い場合であったとしても、事故によるケガの治療のために、家事労働に従事することができなかった場合には、休業損害を請求することができます。そして、性別(専業主夫の方でも認められます。)や年齢に関わりなく、主に家事労働に従事している主婦の休業損害については、女性労働者の全体の平均賃金を基礎に算定されるのが一般的です。

また、主に家事労働に従事しているがパートなどによる収入もある兼業主婦の場合は、現実の収入が女性労働者全体の平均賃金を上回るときは現実の収入を基礎にし、現実の収入が女性労働者全体の平均賃金を下回るときは女性の平均賃金を基礎に算定されることになります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ