弁護士コラム

2017.01.19

31 会社役員の休業損害

会社役員の場合、従業員というよりも、会社側(雇用主側)の人であり、会社から支払われる金銭も、通常、給与という形ではなく、役員報酬という形で支給されます。そして、仮に、役員報酬が、出勤日数とは無関係に支払われる場合には、事故による損害が発生していないとして、休業損害は認められません。

そこで、会社役員の休業損害については、収入のうち労働の対価の部分、すなわち、給与と同様の性質であると認められる部分のみが算定の基礎になり、利益配当の性質を持つ部分については算定の基礎から除外されることになります。この振り分けについては、会社の規模や会社での役割など様々な事情を考慮に入れて判断されることになります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ