弁護士コラム

2017.01.19

29 給与所得者の休業損害について

給与所得者の休業損害の算定に当たっては、事故前3か月程度の平均収入を基礎に、算出されます。また、賞与や各種手当がある場合は、これらも含めた平均収入を基礎にすることになります。休業損害を請求するための資料としては、休業損害証明書を雇用主に記載してもらうことに加え、直近の源泉徴収票や給与明細書を準備する必要があります。

なお、職場を欠勤した際に、年次有給休暇を取得した場合には、現実には収入の減少はありませんが、事故という予想していなかった事態により、年次有給休暇を利用せざるを得なかったといえることから、年次有給休暇を利用した日数についても休業損害を請求することは可能です。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ