弁護士コラム

2017.01.19

28 休業損害(総論)

休業損害とは、交通事故によって治癒または症状固定時期までの間に、休業または不十分な労働を余儀なくされ、交通事故がなければ得られたはずの利益を得られなかったことによる損害を指します。

休業損害は、治癒または症状固定時までの損害を指しますので、症状固定後の後遺障害の逸失利益とは区別して考えられています。したがって、交通事故によって労働能力が制限された場合は、治癒または症状固定時までは休業損害として算定され、症状固定後は後遺障害の逸失利益として算定されることになります。

休業損害については、給与所得者、事業所得者、会社役員など、被害者の方の職業に応じて、休業損害の算定方法などが異なるため、以下では、各職業に応じた算定方法などについてご説明します。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ