弁護士コラム

2017.01.19

20 損害賠償請求の考え方(総論)

交通事故に遭ってしまった場合、被害者としていくら損害を請求できるのか、加害者としていくら損害を請求されるのかといった損害額が最大の関心事となります。交通事故の損害額については、いくつかの損害項目について一定の基準に基づいて個別に算出し、これらの損害項目を足した合計額という計算法をとります。

損害項目は大きく分けると財産的損害と精神的損害に分類されます。そして、財産的損害については積極損害として治療費、入院雑費、消極損害として休業損害、逸失利益等が挙げられます。また、精神的損害については慰謝料(傷害慰謝料、後遺障害慰謝料)があります。

以下では、各損害項目の損害額算出の考え方をご説明します。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ