弁護士コラム

2017.01.18

16 賠償責任保険

賠償責任保険とは、交通事故によって他人のものを壊したり怪我をさせたことにより、被害者に対して損害賠償責任を負ったときに、この損害を填補するものです。物的損害と人的損害の両方に対応するためには、対物賠償責任保険と対人賠償責任保険の2つに加入する必要があります。また、被害者が死亡してしまった場合や、事故により重度の後遺障害が認められる場合など、重大な人身事故を起こしてしまった際には,多額の損害賠償義務を負うリスクがありますので、対人賠償保険については保険金額を無制限のものにすることが一般的になっています。

また、物損事故の場合であっても、家屋、店舗、電柱やガードレールなどに衝突し、これらの物を破損させてしまった場合には、多額の賠償責任を負うリスクがあるため、対物賠償保険についても保険金額を高額に設定しておいた方がよいと考えられています。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ