弁護士コラム

2017.01.18

11 転院について

現在通院している病院の医師とうまくコミュニケーションが図れず、満足の治療を受けることができないことなどが理由で、病院を変更したいと希望される方がいらっしゃいます。

後遺障害の有無や等級を判断するにあたっては、医師の診断書が重要な証拠になりますが、医師とのコミュニケーション不足によって十分な診断書を記載してもらえない恐れがあります。そのため、病院を変更したいと希望される場合は、事前に保険会社の了承を得たうえで、速やかに転院することが、今後の治療や後遺障害認定のために必要になります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ