弁護士コラム

2017.01.18

9 健康保険

自由診療とは、診療内容や診療方法に制限がない診療のことを指します。そのため、自由診療で治療を行うと、治療費が多額にのぼり、自賠責保険の範囲内で賄われないケースや過失割合が大きい場合は最終的な損賠賠償金の支払い金額が少なくなってしまう弊害があります。

そこで、治療費をできるだけ合理的な範囲内に制限するために、治療を受けるときには健康保険を利用することが賢明であると言えます。現在においては、健康保険を利用したとしても充分な診療を受けられると言われていますので、健康保険を利用するデメリットは基本的にはないと言えます。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ