弁護士コラム

2017.01.18

6 交通事故による損害賠償請求をする場合にどのような手続きを利用すべきか

交通事故による損害賠償請求をする場合には、主に示談交渉、ADR、訴訟の3種類の手続きが想定されます。まずは、示談交渉から始まりますが、交渉がうまくいかないときはADRまたは訴訟を提起することが考えられます。

そして、ADRの場合には被害者の方のみで手続きを進めることも可能ではあるものの、訴訟の場合には、被害者の方だけでは手続きを進めることが難しい場合があるため、これらの手続きに進む際には専門家である弁護士を代理人として選任することをも検討しなければなりません。

そこで、示談交渉でまとめるか、ADRや訴訟に進むかは、費用、時間や相手方保険会社の態度など様々な事情を考慮して決定するべき事柄ですので、ケースバイケースで慎重に判断する必要があります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ