弁護士コラム

2017.01.18

4 ADR(裁判外紛争解決手続)

ADRとは、裁判外において、中立的な第三者を間に挟んで紛争を解決する制度を指します。

交通事故問題に関する主なADRとしては、公益財団法人交通事故処理センターや公益財団法人日弁連交通事故相談センター等があります。

このADRは、示談交渉でうまく話がまとまらなかったときに、訴訟よりも簡便な方法として利用されます。ADRでは、中立的な第三者として弁護士などの専門家が関与することが多いですので、合理的な範囲内での解決が見込まれると言えます。したがって、加害者側の保険会社からの提示額に納得できないものの、裁判まではしたくないと考える場合には、ADRの手続きに進むという選択肢も考えられます。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ