弁護士コラム

2017.01.18

61 遺産分割の方法(総論)

遺産分割の方法としては、現物分割、代償分割、換価分割、そして共有分割の4種類があります。

どのような分け方をするかについては、まずは当事者間で協議または調停を通じて話合いで決めることになりますが、話し合いがまとまらないときは家庭裁判所が審判という形で決めることになります。

遺産分割の方法の優先順位としては、現物分割が第1順位で、現物分割が難しい場合は代償分割、換価分割、共有分割の順に選択されることになります。遺産分割は、相続人間における遺産の共有状態を解消するための手続きですので、共有分割はできる限り避けるべきと考えられています

それでは、それぞれの遺産分割方法の内容についてご説明します。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ