弁護士コラム

2017.01.18

48 特別受益(総論)

特別受益とは、被相続人の生前に贈与を受けたりするなど特別の利益を受けた相続人がいた場合に、遺産分割の計算上贈与などの特別な利益を相続財産に加算して具体的な相続分を算定する制度を指します。

この特別受益の制度は、被相続人からすでに贈与を受けた者に対して他の相続人と同じ相続分を受けるとしたら不公平が生じてしまいますので、相続人間の公平性を担保するために特別受益を受けた者の相続分を減少させるために設けられた制度です。

遺産分割においては、この特別受益をめぐって争いになるケースが多く見られます。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ