弁護士コラム

2017.01.18

39 相続の選択

相続人は、相続するか否かについての決定権を有しています。

そして、相続の選択方法としては、単純承認、相続放棄、限定承認の3種類の方法が用意されています。そのため、相続人は、3種類の相続の方法のうち一つを選択する必要があります。

単純承認、相続放棄、限定承認の各相続方法には、それぞれに特徴がありますが、一度選択してしまうと他の相続方法を再度選択することはできなくなってしまいます。そのため、相続の方法を選択するにあたっては、各相続方法の特徴を理解したうえで、慎重に判断されなければなりません。

それでは、各相続方法についてご説明します。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ