弁護士コラム

2017.01.18

29 遺産分割の対象となる財産の範囲(総論)

被相続人の遺産であっても、遺産分割の対象になるものもあれば、性質上遺産分割の対象にならずに当然に相続する遺産が存在します。これは、遺産分割は共有状態の遺産を相続人間でどのように分割するかという手続になりますので、性質上共有状態が解消されている遺産については遺産分割をする必要がなくなると考えられるからです。

また、葬儀費用のように、遺産ではないものの、遺産分割の対象としてよいかが問題になる場合もあります。

このように、対象財産によって相続における取り扱いが異なることになりますので、遺産分割をするにあたっては、対象財産を個別的に検討する必要があります。

以下では、遺産分割において問題となる財産について、個別に説明していきたいと思います。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ