弁護士コラム

2017.01.18

2 どうして相続はもめるのか

どうして相続は揉めるのでしょうか。相続にも様々な状況がありますので、一概には言えませんが、揉めるのにはいくつか理由があると思います。

第1に、核家族化が進んだことによる親族関係の希薄化です。現代日本では核家族以外の親族とは関係性が希薄であることが多く、相続の場面で話し合いをしようにもなかなかコミュニケーションが取れず相続人間で疑心暗鬼に陥るケースが多く見受けられます。

第2に、相続が紛争の最終局面であることが挙げられます。もともと仲が悪い兄弟や親族間においては、相続の場面が争うことのできる最終局面になることが多くありますので、勢い紛争が激しくなると言えます。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの相続取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、相続(遺産分割)・遺言・遺留分・相続税などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ