弁護士コラム

2017.01.18

117 認知の方法

認知の方法としては、主に任意認知と強制認知の2つの方法があります。

任意認知とは、父の意思に基づいて、父が自分の子であることを承認することを指します。任意認知の場合には、父親が役所に対し認知届を提出することにより、子と父親との間に法律上の親子関係が認められることになります。

強制認知とは、父が子を認知しない場合に、子の側から父に対して認知を請求する裁判を起こして強制的に父子関係を形成することを指します。

具体的な方法としては、まず、家庭裁判所に対し認知調停を申し立て、裁判所において協議を行い、調停においても父親が認知に応じない場合に、認知の訴えを提起することになります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ