弁護士コラム

2017.01.18

109 児童扶養手当

児童扶養手当とは、母子家庭の、父子家庭生活の安定と自立を促進するために設けられた制度であり、主に離婚後の単身家庭に対して、子が18歳になった年度の年度末までの間、支給される手当のことをいいます。

児童扶養手当の金額については、高校卒業時期までの子どもの数により決定します。なお、児童扶養手当は経済状況が厳しい単身家庭に支給されるものですので、一定の所得制限がかけられています。また、支給開始(子どもが3歳未満のときは3歳になった翌月から)から5年経った時点で就職も求職活動もしていない場合には、支給額の半額がカットされてしまうため注意が必要です。

また、子どもに一定の障害がある場合には特別児童扶養手当も支給されることになります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ