弁護士コラム

2017.01.18

103 家庭裁判所調査官

親権、面会交流や子の引渡しなど子に関する事柄が争点になっている場合には、児童心理学や教育学などの試験や研修を受けた専門的な公務員である家庭裁判所調査官が、子の心情や家庭状況などを調査したうえで、子の福祉の観点から争点をどのように処理すべきかということについて意見を出す場合があります。この家庭裁判所調査官の調査及び意見は、法律上拘束力があるわけではありません。しかし、裁判官が実際に子に面会したり、双方の生活環境を見ることはないため、裁判官は、調査官が作成した調査報告書を事実上重視する傾向にあります。そのため、子に関する事柄が争点になっている場合は、家庭裁判所調査官の意見を踏まえて、どのように事件を進めるかということを検討することが重要になります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ