弁護士コラム

2017.01.18

100 子の引渡しが認められるのは難しい?

子の引き渡しは、様々な事情を考慮に入れたうえで、子を一方から他方の親に引き渡すことが子の福祉の観点から望ましいと判断された場合に認められます。また、連れ去りの態様が違法である場合(強引に連れ去った場合や、調停の席上における面会の約束に反し子を引き渡さなかった場合等)には子の引き渡しが認められる場合があります。

もっとも、裁判所は、現在の監護状況が不適切でなければ原則として子の引き渡しを認めないという現状維持の発想があるように思われます。そのため、現実的に子を監護している方の親が有利であり、監護状況が長期にわたる場合にはなおさら引き渡しが困難となってしまう恐れがあります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ