弁護士コラム

2017.01.18

94 履行命令及び強制執行

履行命令とは、権利者の申立てにより、裁判所が義務者に対して義務の履行を命令する制度を指します。履行命令が出されたにも関わらず、正当な理由がないのに履行命令に従わない義務者は、10万円以下の過料に処せられます。

もっとも、上記過料は権利者に対し支払われるものでないため、婚姻費用のような金銭的な請求の際の履行確保手段としては適切ではないと考えられています。

したがって、履行命令をしてもなお、相手方が支払わない場合には、強制執行手続に移行することが通常です。

強制執行では、相手方の職場などを把握している場合には、給与債権を差し押さえることができることに加え、過去の未払い分だけでなく、離婚若しくは別居が解消するまでの将来の分についても差押が可能です。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ