弁護士コラム

2017.01.18

87 婚姻費用(総論)

婚姻関係にある夫婦は、同居・扶養義務を負っており生活費を分担する義務があります。通常の夫婦であれば、同居して一緒に生活することで、何ら問題なく生活費の分担については容易に実現可能ですが、婚姻関係が破綻している場合には別居するという選択をするのが通常であり、その場合には、生活費の分担については、別居により一方が負担する生活費の金額を支払う方法が採られます。その際に、収入の高い方が収入の低い方に対して、支払わなければならない生活費のことを婚姻費用といいます。すなわち、婚姻費用とは、別居後離婚成立時までの配偶者及び子に対する生活費のことを指します。

以下では、婚姻費用に関する問題点についてご説明いたします。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ