弁護士コラム

2017.01.17

63 面会交流の実情

家庭裁判所での面会交流の実情については、月1回以上認めるというものが多く、宿泊付きでの面会交流を認めるものも相当数あります。

また、面会交流で多く問題になるのが、父母間での感情的な対立が激しく、子の受け渡しがスムーズにいかないために、面会交流が実現できないケースがあります。この場合には、調停期間中であれば、弁護士を介して受渡しをするケースや、FPICなどの第三者機関を入れて受渡しをするケースも見受けられます。ただし、将来的には父母間で面会交流のやり取りをしていく必要がありますので、父母間で面会交流のやり取りができるように調整する必要があります。また、近親者などで面会交流について協力できる人がいる場合には、受け渡しなどの際に、近親者の方に協力してもらうことによって面会交流が実現される場合もあります。

 

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ