弁護士コラム

2017.01.17

60 面会交流を実現することは難しい?

相手方が子を監護しているときに相手方が面会交流を拒絶している場合には、面会交流の履行を確保するための様々な手段があることをご説明しました。

しかし、面会交流の履行確保の手段は、どれも実効性が十分ではありません。そのため、現実的には、相手方の意思に委ねざるを得ないと言えます。したがって、面会交流の実現のためには、相手方との関係性をできるだけ友好的にして、相手方から積極的に面会交流を認めてもらうようにすることが重要ではないかと思います。

なお、父親側においてよく、面会交流ができないため、養育費の支払いを止める方がいらっしゃいますが、面会交流が実施されているか否かにかかわらず、養育費の支払義務は認められるため、注意が必要です。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ