弁護士コラム

2017.01.17

54 面会交流(総論)

面会交流は、別居後や離婚後に子を監護していない親が子と面会する権利を指します。

近年においては、離婚に伴って子をめぐる紛争が多発しており、面会交流が争点になるケースが多く見受けられます。面会交流は、親権者でない親が、日常的に会えない子と触れ合うことのできる親の権利であり、かつ、子の人格形成上不可欠な親の愛情を受けるための子の権利でもあることから、親子にとって重要な権利であると言えます。したがって、面会交流を円滑に進めることは、両親と子にとって重要な関心事となります。

以下では、面会交流に関する具体的な手続きや諸問題について、ご説明いたします。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ