弁護士コラム

2017.01.17

53 養育費の金額は十分か?

養育費の金額については、裁判所が公表している算定表に基づいて画一的に決定されることも多く、個別具体的な事情に配慮できていないことが多く見受けられます。そのため、現在、算定表の見直しが検討されているところであり、将来的には養育費の計算方法も変更を余儀なくされるところだと思われます。

このように、算定表については、権利者の生活実態に即したものになっていないことに加え、養育費の金額については、離婚調停などでも協議されることが多いですが、早く離婚を成立させたいということから、算定表の金額よりも低額な金額で合意してしまうことも少なくありません。しかし、養育費の金額は、毎月の金額の差額はわずかであったとしても、将来的にもらえる金額については、大きく異なってきますので、子どものための費用をきちんと確保するために、調停段階から代理人を入れておくのが適切です。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ