弁護士コラム

2017.01.17

48 強制執行

調停や審判で定められた養育費の支払い義務の履行を怠る者に対しては、給料や預貯金などを差し押さえて、強制的に養育費を取り立てることができます。また、裁判手続きを経ない場合であっても、執行受諾文言付公正証書を作成しておけば、調停や審判で定められたのと同様に義務者の財産を強制執行することが可能となります。

なお、養育費については、過去の未払いの養育費だけでなく、調停などで決められた将来分の養育費についても差押が可能となります。したがって、養育費を支払う義務のある人は、給与債権を一度差し押さえられてしまうと、将来にわたって給与債権を差し押さえられてしまうので、注意が必要です。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ