弁護士コラム

2017.01.17

45 養育費の算定方法

養育費を算定するにあたっては、収入や子の年齢など諸般の事情を考慮して決定されます。

算定の方法については、両者の収入を基準とし、子の人数や年齢ごとに分類された養育費の算定表が裁判所から公表されています。そして、養育費調停や審判におきましては、この算定表に基づいて養育費が決定されることになりますので、算定表の使い方に熟知する必要があります。

もっとも、上記の算定表の金額は、裁判所が標準的な養育費を簡易迅速に算定することを目的としているため、算定表に基づく養育費を算定することが著しく不公平となるような特段の事情がある場合には、算定表の幅を越えた養育費が認定される場合もあります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ