弁護士コラム

2017.01.17

44 養育費の始期と終期

養育費の支払い開始時期は、直接養育費の支払いを請求した時や調停を申し立てた時期などとされています。これは、当事者間の公平性の観点や不意打ち防止の観点から決められています。したがって、離婚後、支払請求や調停を申し立てるまでの期間の分の養育費についても請求したとしても、通常、離婚時まで遡って支払いが認められることはありません。

また、養育費の支払い終期は、一般的には成人に達した時とされることが多いです。ただし、養育費は、非監護親の学歴や収入にも左右される事柄ですので、一律に成人までとされているのではなく、大学卒業時まで請求できるケースもあります。他方、当事者間の協議により、養育費の終期を18歳までと短く設定することも可能です。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ