弁護士コラム

2017.01.17

38 親権(総論)

親権とは父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を指し、親権者が未成年子の身上監護及び財産管理する権利義務を有することになります。

ここで、夫婦が婚姻関係にある間は夫婦が共に親権者になりますが、夫婦が離婚した場合は夫婦の一方しか親権者になることが認められていません。したがって、離婚時には親権者がいずれかということが決まらないと、離婚が成立しないことになります。近年は、共働き夫婦の増加や男女平等の意識の向上などの社会的背景から、父親が親権をとるケースも多くなってきていますので、親権をめぐる紛争が多く見受けられます。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ