弁護士コラム

2017.01.17

36 有責配偶者からの離婚請求が認められる例外的場合

有責配偶者からの離婚請求であっても、下記の3つの要件を満たす場合は、離婚請求が認められます。判例上では、これらの要件を満たす場合は、有責配偶者からの離婚請求を認めたとしても、信義誠実の原則に反しないと考えられているためです。

①別居期間が相当な長期間に及ぶこと

②未成熟の子が存在しないこと

③相手方が離婚により極めて苛酷な状況におかれないこと

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ